「アフリカ」取材を熟考中


アルジェリア人質事件。

未だ、日米欧で情報が錯綜している。


こうした事態の背景には、

発生箇所がアルジェリアの都市部から離れていること。

さらには、アルジェリア政府当局の武装勢力に対する行動が、

これまでの極秘に進められてきた、などと言われている。


アルジェリアはアフリカ北部。

隣国モロッコには近年、欧州自動車メーカーの製造拠点・開発拠点が稼働している。

「近いうち、モロッコに行こうか?」

と考えていた私にとって、今回の事件、かなり気になっている。


自動車産業にとってアフリカは、

残された最後の最大市場。


昨年11月~12月にかけて、

豊田通商は、フランス系商社を子会社化することで、

アフリカ全土での自動車販売・修理事業を進めることになった。

詳しくは、http://www.toyota-tsusho.com/press/2012/11/20121130-4133.html


また今年6月1日~3日、横浜市で、

第5回アフリカ開発会議が開かれる。

これは、日本政府が国連、世界銀行等と組んで行うアフリカ開発に関する国際会議だ。


こうした様々な動きを鑑み、

「今年はアフリカをシッカリ見よう」

と考えている。


その矢先の、今回の事件。


これもアフリカの一面、としてシッカリ見つめ、

これからの取材計画を立てていきたいと思う。


BYE










▲ページの先頭へ戻る