京都で、ふと・・・


京都、先斗町。

石畳をいくと、天空から音が降りてきた。

前奏は、(トラン)ペット。

♫ また逢う、日まで
逢える、時まで
あなたは、どこにいて
何を、してるの

それは、知りたくない
それは、聞きたくない
互いに傷つき、きのうに戻るから

ふたりでドアを閉めて
ふたりで名前消して

その時こころはなにかを
話すだろう

きょう(いやもうきのう)は、
尾崎紀世彦さんのご命日。

当該楽曲は、私の楽曲制作者としての
きっかけをつくった。
故阿久悠先生、そして筒美京平先生に、改めて感謝申し上げたい。

しかし不思議だ。
いつも先斗町にいると、
当たり前のように、琴の前奏(=京都慕情)が頭を巡るのに…。

残り短き人生、
皆の心に残る楽曲へ、一歩一歩。

BYEDSC_0113

▲ページの先頭へ戻る