ハイブリッド車、アメリカ伸び悩みのワケ?


今週はずっと、南カリフォルニア、アナハイム。


米自動車技術会(SAE)のシンポジウム参加。


200人ほどの、こじんまりとした集まり。

そこで、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、EV、燃料電池車などの議論。


結論から言えば、

アメリカと日本、こうした次世代車という商品に対する意識が大きく違う。


アメリカは、ガソリン車との価格差を何年で元を取れるかにコダワル。

日本は、燃費も大事だが、環境への影響など「イメージ重視」が目立つ。


そうしたなか、ガソリン価格が安定期にあるアメリカでは、

ハイブリッド車の販売は、頭打ち。


また最近、フィスカー、テスラなど、

ベンチャー系の経営難報道が相次ぎ、

イメージもダウンドラフト。


アメリカの次世代車戦略、全体的に「仕切り直し」の時期に入った印象だ。


こうした話、また各媒体でじっくりと書く。


BYECIMG7159


















▲ページの先頭へ戻る